KELLY

 

History

エルメスバッグの定番中の定番“ケリーバッグ”が誕生したのは1935年のこと

ただし、当時は“ケリー”ではなく“サック・ア・クロア”という名前だったのはご存知でしょうか?ハリウッドの大女優だったグレース・ケリーがモナコ王妃となり、妊娠した時に多くの報道陣のカメラの前からお腹を隠すのに使ったのが、サック・ア・クロアだったのは有名な話です。その時の写真が米ライフ誌にクローズアップされ、サック・ア・クロアは世界中の女性の憧れの的となったのです。

後にエルメスはモナコ王室の正式許可を得て、サック・ア・クロアに彼女の結婚前の姓“ケリー”と名づけたのです。

現在ケリーはミニミニケリー、ミニケリー、25cm、32cm、35cm、40cm、50cmのサイズ展開となっています。50cmは主に旅行用のバッグとして作られていて、ショルダーストラップもキャンバス地になっていたりと機能性も十分に考えられています。また、最近ではショルダーストラップを付ける金具も別に取り付けられたりと、伝統を守り抜くだけではなく時代に合わせた新しい感覚も取り入れているようです。そういったところが、エルメスが多くの人に愛されている理由なのかもしれませんね。