LA TOILE DAMIER

         

1888年につくられ1896年に姿を消してからほぼ1世紀。1996年モノグラム100周年に「ダミエ」は復活した。
その常に斬新で現代的なデザインで世間を圧巻。たちまち「限定ダミエ」は世界中でもてはやされるようになり特に日本における「ダミエ」人気は他に類を見ないものであった。そのためルイ・ヴィトンでは1998年に「ダミエ」をレギュラー・ラインに入れることを実現させた。

クールなイメージでモノグラムと違った味わいがある「ダミエ」は男性からの支持も高い。その人気の高さからスペシャルオーダーされることも多いダミエ柄。エピラインのものを「ダミエ」でという素材違いのクリエーションオーダーを活用する人もいる。もちろんモノグラムと同様にトアル地でつくられているため手入れも簡単。雨の日でも気軽に持ち出せる。こんな実用性を重んじるルイ・ヴィトンだからこそ、長い伝統が続いていくのだろう・・・。