BARKIN

 

History

1984年にフランスの女優ジェーン・バーキンの為に作られたところから

バーキンの歴史は始まります。片付けの嫌いなジェーンは、その頃愛用していた

籐のトートバッグの中もぐちゃぐちゃでした。偶然、飛行機で隣合わせたエルメス

のドゥマ社長はそれを見て、何でも放り込めて内ポケットも付いているカバン“バ

ーキン”を彼女の為に作ったのです。以来、ジェーンはどこへ行くのにもバーキ

ンを愛用していました。その様子が雑誌やTVなどのマスメディアから多くの人の

目にとまりバーキンはまたたく間に大人気商品となったのです。彼女のバーキン

の扱い方をみると、日本人の私達から見ると信じられないくらいボロボロでシー

ルまで貼ってあります。でもきっと、それが本来のバーキンの扱い方なのでしょう

ね。どんなに雑に扱っても丈夫なバーキン、それを大事にしすぎてキズが付くの

も恐れて使っていてはバーキン本来の魅力が損なわれるかもしれません。

当初、40cmのみだったバーキンも今では30cm、35cm、40cm、45cm、の4

サイズのサイズ展開となっています。ギャラリーでは30cm・35cmのお問い合わ

せが多いのですがパリなどでは35cmや40cmが人気のようです。長い年月使

かうバーキンだからこそ、本当に自分の用途に合う選び方をして、かっこよく使っ

ていきたいですよね!